大阪・西中島のタイ古式マッサージはオーリングタイマッサージ

タイ古式マッサージとは、2500年前から発展してきたタイ王国の伝統的な医学に基づく施術法であり、その施術法はアクロバット的な体勢で施術するものから日本の按摩によく似た手法まで幅広くあります。

タイ古式マッサージは、全身の血行を促進して細胞に酸素・栄養を運んで本来の体調を取り戻すことで、自然治癒力を回復させ、健康的な精神と肉体を取り戻すという施術法であり、ゆっくり時間をかけて全身を施術します。 タイ古式マッサージのテクニックは指圧以外に、肘や足を使ったマッサージのほかアクロバティックなストレッチマッサージがあります。

通常足元からスタートします。 足裏を圧迫することで血行が良くなり老廃物を洗い流し、きれいな血液によって酸素が補給され本来の体調を取り戻します。また、足の裏や甲には、自律神経など全身をコントロールする神経が集中していますので刺激することで体調を整え、自然治癒力を促します。

次に、脚全体を(セン)といわれるエネルギーラインに沿って指圧・掌圧します。脚にある6本のセンを何度も往復しながら圧迫していき、血液やリンパの循環を促します。センの圧迫によって細胞内の老廃物を毛細血管へと押し出していきます。

全身をほぐす 脚部を十分に施術をした後は、腕・背中・腹部・腰・肩・首など全身をほぐし温めていきます。母指を使ったり、手掌を使ったり、肘を使ったり、膝を使ったり、セラピストは自分自身の身体のあらゆる箇所を用途に応じて使い身体をほぐしていきます。

ストレッチ マッサージを受ける人とマッサージを行う人がお互いヨーガのポーズをとりながらストレッチを行うので「二人で行うヨーガ」と呼ばれています。ヨーガでは瞑想を行いますが、タイ古式マッサージでも、瞑想に近い状態で施術を行うものです。決して力まかせに押すのではなく、何も考えずにゆっくり時間をかけて施術を行うもので、瞑想は、無の境地で自分自身も日常のさまざまな縛りから開放され、ゆっくり心を落ち着かせ、肉体的にも精神的にも健康を取り戻すことができるようになります。

寺院1 寺院2 タイシルク トゥクトゥク ドナルド